平手友梨奈は笑顔ないのになぜ人気?紅白歌合戦2019で倒れた動画を紹介!

 
平手友梨奈 なぜ人気 笑顔ない 紅白歌合戦 倒れた 2019 動画
この記事を書いている人 - WRITER -

欅坂46からの脱退発表で世間に衝撃を与えた平手友梨奈さん。

 

欅坂46の顔だった平手さんですが、笑顔ないのになぜ人気なのでしょうか?

 

2019年の紅白歌合戦で倒れた動画とともにご紹介します。


平手友梨奈(てち)は欅坂46の不動のセンター

 

平手友梨奈さんは欅坂46の1期生オーディションに挑戦し、2015年8月に合格して欅坂46のメンバーになりました。

 

2016年4月のデビューシングル「サイレントマジョリティー」ではセンターに抜擢され、話題に。

 

さらにすごいのが、その後も発売された8枚のシングルすべてでセンターを務めたということなんですね。

 

まさに文字通りグループの顔と言える存在でした。

 

そんな平手友梨奈さんの脱退理由や「卒業」ではなく「脱退」の理由については「平手友梨奈(てち)の脱退理由や原因はなぜ?卒業との違いも調査!」でぜひご覧ください。

 

平手友梨奈(てち)は笑顔ないのがデフォルト?

 

クールでメッセージ性の強い世界観が特長の欅坂46。

 

そこで常にセンターを務め、パフォーマンスの中心で引っ張っていた平手友梨奈さんには「笑顔ない」という指摘も少なくなかったようです。

 

ただ、ネットで「笑顔ない」という指摘を読んで見ると、必ずしもそれを理由に批判しているわけではなく、むしろ笑顔ない平手友梨奈さんを擁護する声が目立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルに笑顔ないのは普通はご法度ですが、平手友梨奈さんの持つ独特の雰囲気はただのアイドルとは違うので、笑顔ない状態でも納得してしまうような感じですよね。

 

また、笑顔ないと言われる平手さんがかわいい笑顔を見せている画像も。

 

 

 

私は平手さんがクールで笑顔ない印象が強かったので、こんな笑顔を見せるんだと驚きました。

 

笑顔ないことも含めて、平手友梨奈さんの魅力と言えるのかもしれませんね。

 

平手友梨奈(てち)は笑顔ないのになぜ人気?

 

アイドルとしては珍しく笑顔ないことで有名だった平手友梨奈さん。

 

しかし、欅坂46のシングルすべてでセンターを務めたことで分かるように、グループにとって必要不可欠な存在だったのでしょうし、ファンからも人気が高かったのではないでしょうか。

 

平手友梨奈さんがなぜ人気だったのか、ファンの声を調査しました。

 

 

 

 

 

 

平手友梨奈さんはまだ18歳、デビュー時は弱冠14歳でしたが、すでに放つ雰囲気が違ったと言われています。

 

笑顔ないというアイドルらしくない違和感も含めて、カリスマ的な存在感やパフォーマンス、そしてその裏のストイックな努力などが人気の理由だったようです。

 

人を惹きつける不思議な魅力で平手友梨奈さんの人気が高まっていったのかもしれませんね。

 

平手友梨奈さんがなぜ人気なのか、それにはたくさんの理由があることが分かりました。

 

平手友梨奈(てち)が2019年の紅白歌合戦で倒れた動画はこちら!

 

平手友梨奈さんと言えば、紅白歌合戦を連想する方も多いのではないでしょうか。

 

2017年の紅白歌合戦で欅坂46が「不協和音」のパフォーマンス中、鈴本美愉さんと志田愛佳さんが過呼吸のような症状で倒れ、平手さんはパフォーマンス中の右腕打撲により痙攣するという事態が発生。

 

2018年は平手さんはケガのため紅白歌合戦には出演せず、2019年の紅白歌合戦に注目が集まっていました。

 

平手友梨奈さんは2019年の紅白歌合戦には無事出演し、2017年と同じ「不協和音」を披露しますが、カメラが離れると、ぐったりと倒れ、メンバー3人に抱きかかえられながら退場したと言われています。

 

 

こちらの動画は2019年の紅白歌合戦の「不協和音」のラスト20秒の動画です。

 

 

0:18から0:19の1秒の間に平手友梨奈さんがガクッと倒れたのが見えましたか?

 

すぐに次のアーティストに切り替わってしまったので、ほんの一瞬でしたが、平手さんが前方に倒れたのが分かります。

 

この後、カメラに映っていないところで、メンバーに抱きかかえられて退場したということですね。

 

平手さんは今回の脱退発表で、この2019年の紅白歌合戦が実質的なラストライブとなるようです。

 

まとめ

 

平手友梨奈さんが笑顔ないのになぜ人気なのかという話題と2019年の紅白歌合戦で倒れた動画をご紹介しました。

 

平手さんは笑顔ないことで有名でしたが、その違和感やカリスマ的な存在感に惹きつけられたり、笑顔ない状態で渾身のパフォーマンスを見せる姿に惹かれていたファンが多く、それがなぜ人気なのかという秘密だったようです。

 

平手さんは2019年の紅白歌合戦で「不協和音」を披露しますが、最後の2秒ぐらいでガクッと前に倒れたのが動画に残っています。

 

その後、カメラが離れると、ぐったりと倒れ、メンバー3人に抱きかかえられながら退場したと言われています。

 

欅坂46を引っ張ってきた平手友梨奈さんの今後の活躍に期待したいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 今日の気になる! , 2020 All Rights Reserved.