寛一郎の読み方は「かんいちろう」で本名!父は佐藤浩市で未熟児だった!

2019/10/19
 
寛一郎 読み方 本名 父親 佐藤浩市 未熟児 グランメゾン東京 芹田公一役
この記事を書いている人 - WRITER -

ドラマ「グランメゾン東京」で芹田公一役を演じる俳優の寛一郎さん。

 

佐藤浩市さんを父親に持つ寛一郎さんの名前の読み方や本名、名前の由来にもなっている未熟児だった過去についてご紹介します。


「グランメゾン東京」芹田公一役・寛一郎(俳優)プロフィール

 

寛一郎さんは1996年8月16日生まれで、東京都世田谷区出身の23歳です。

 

高校卒業後にロサンゼルスに短期留学し、2017年に俳優デビュー

 

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』での演技が評価され、第27回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞

 

さらに翌2018年には『菊とギロチン』で第92回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞と第33回高崎映画祭の最優秀新進俳優賞、第28回日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞します。

 

俳優デビューからわずか2年で映画を中心に活躍の場を広げ、今注目の若手俳優です。

 

俳優・寛一郎の読み方と本名 

 

ところで、寛一郎さんの名前の読み方が気になりませんか?

 

私はてっきり「かけい  いちろう」という読み方だと思ったんですが、大きな勘違いでした。

 

寛一郎さんは名字を抜いた下の名前で、読み方は「かんいちろう」でした。

 

そして本名は「佐藤寛一郎」

 

23歳の若さにしては渋い寛一郎というお名前も本名なんですね。

 

寛一郎の名付け親は父親の佐藤浩市? 名前の由来は未熟児だった

 

先ほど寛一郎さんの本名は佐藤寛一郎だと書きましたが、実は寛一郎さんの父親は俳優の佐藤浩市さんなんですね。

 

 

本名の寛一郎という名前を佐藤浩市さんが名付けたかどうかは分かりませんが、寛一郎さんが未熟児として生まれたことに由来すると言います。

 

寛一郎さんは予定日より2カ月ほど早く生まれたため、体重1600gぐらいの未熟児だったそう。

 

3000g以上で生まれてくる赤ちゃんもいるので、いかに小さな未熟児だったのか想像がつきますね。

 

未熟児として生まれた寛一郎さんに、大きく伸び伸びと育ってほしい、寛大な心を持ってほしいという意味が込められ、寛大の「寛」が名前に入ったということです。

 

ちなみに「寛一郎」の「一郎」の方は、父親・佐藤浩市さんの「いち」と、祖父・三國連太郎さんの「郎」から取ったのではないかと寛一郎さんは推測しています。

 

著名な俳優・佐藤浩市さんを父に持つ寛一郎さんは「2世俳優」と言われることは覚悟の上で俳優になったそうですが、やはり父・佐藤浩市さんを想起させる「佐藤」は芸名に入れたくなかったということで、本名の佐藤寛一郎ではなく、寛一郎としたそうです。

 

何かと注目される2世俳優ですが、俳優デビューからわずか2年で賞を多数受賞している実力者の寛一郎さんですから、父・佐藤浩市さんの七光りなどとは言われないのではないでしょうか。

 

まとめ

 

ドラマ「グランメゾン東京」で芹田公一役を演じ、佐藤浩市さんを父に持つ寛一郎さんの名前の読み方や本名、名前の由来にもなっている未熟児だった過去についてご紹介しました。

 

寛一郎さんの名前の読み方は「かんいちろう」で、本名は佐藤寛一郎です。

 

寛一郎さんは予定日より2カ月ほど早く生まれたため、体重1600gぐらいの未熟児だったため、大きく伸び伸びと育ってほしい、寛大な心を持ってほしいという意味が込められ、寛大の「寛」が名前に入ったということです。

 

「グランメゾン東京」への出演で、映画はあまり見ない視聴者にも寛一郎さんが知られるようになり、一気に知名度を上げそうですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 今日の気になる! , 2019 All Rights Reserved.