川口春奈の視聴率最低の打ち切りドラマを調査!低視聴率女王は本当?

2019/11/27
 
川口春奈 低視聴率女王 視聴率最低 打ち切りドラマ 大河ドラマ 麒麟がくる 濃姫役 帰蝶役 沢尻エリカ 代役
この記事を書いている人 - WRITER -

先日逮捕された沢尻エリカ容疑者の代役として、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶(濃姫)役を演じることが発表された川口春奈さん。

 

川口春奈さんは時代劇初挑戦ということで注目が集まっていますが、過去には出演していたドラマが視聴率最低を記録し、打ち切りになったことで「低視聴率女王」のレッテルを貼られたことも。

 

視聴率最低で打ち切りになったドラマを調査するとともに、川口春奈さんの低視聴率女王説に対する世間の声をご紹介します。


大河ドラマ「麒麟がくる」沢尻エリカの代役(帰蝶・濃姫役)川口春奈のプロフィール

 

川口春奈(かわぐち  はるな)さんは長崎県五島市(旧:福江市)出身、1995年2月10日生まれの24歳。

 

2007年に雑誌『ニコラ』のオーディションでグランプリを獲得し、現在の所属事務所・研音の子供部門「けんおん。」に所属した後、同年9月1日発売のニコラ2007年10月号でデビュー。

 

2009年10月クールのフジテレビ月9ドラマ『東京DOGS』で女優デビューし、2010年には雑誌『日経トレンディ』が選ぶ“今年の顔”に選ばれるなど、注目の若手女優へと成長していました。

 

2013年10月クールのTBS系木曜ドラマ9『夫のカノジョ』では、ゴールデン枠の連続ドラマでは初の主演となりましたが、これが後々、川口春奈さんにとって負の歴史となることに…

 

これについては次でご紹介していきます。

 

川口春奈さんが「麒麟がくる」で大河ドラマ&時代劇デビューするきっかけとなった沢尻エリカ容疑者の逮捕ですが、今回の逮捕がきっかけで、沢尻エリカ容疑者が過去に出演した映画「ヘルタースケルター」が話題沸騰!

 

沢尻エリカ容疑者の境遇と重なると話題の「ヘルタースケルター」で沢尻エリカ容疑者が演じた役柄や、「ヘルタースケルター」を無料で視聴できる方法については「沢尻エリカは「ヘルタースケルター」のまま!逮捕に違和感ない!」をぜひご覧ください。

 

今回の逮捕の影響による大河ドラマやCMの降板で、損害賠償金が10億円にも上ると言われている沢尻エリカ容疑者については「沢尻エリカの損害賠償金は誰が払う?事務所か個人、破産の可能性も調査!」もぜひご覧ください。

 

低視聴率女王・川口春奈の視聴率最低の打ち切りドラマは? 

 

川口春奈さんが「低視聴率女王」という不名誉な称号を得るきっかけになった視聴率最低の打ち切りドラマとは何だったのでしょうか?

 

それはプロフィールにも書いた、川口春奈さんがゴールデン枠の連続ドラマで初の主演を務めた「夫のカノジョ」です。

 

「夫のカノジョ」は2013年10月24日から12月12日までTBS系列の「木曜ドラマ9」枠で8回に渡って放送されました。

 

ここであれ?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

連ドラで8回って、短いですよね?

 

トレンディドラマ時代は連ドラは全12話がスタンダードでしたが、それが徐々に短くなり、今は10話か11話で終わる連ドラが多いですが、それにしても8話は短いです。

 

これこそが「夫のカノジョ」が視聴率最低で打ち切りドラマとなった結果なんですね。

 

低視聴率女王・川口春奈の打ち切りドラマ「夫のカノジョ」はどんな話? 

 

川口春奈さんが主演し、視聴率最低で打ち切りになったドラマ「夫のカノジョ」はどんな話だったのでしょうか?

 

39歳の主婦・小松原菱子(鈴木砂羽)は、真面目で面白みはないが、根は優しいと信じていた夫(田辺誠一)が部下の女性と浮気しているのではと疑いを持つ。

 

そして夫を尾行すると、若い女とマンションへ入っていくのを目撃。

 

相手の女・星見(川口春奈)と対面し、夫と別れるようにと求めるが話し合いは口論に発展してしまう。

 

するとそこに、真っ赤なロングドレスに身を包み、薄汚れた顔をした老婆が現れ、「互いの気持ちが芯まで分かったら元に戻る」と、菱子と星見の身体を入れ替えて消えてしまう。

 

果たして2人は元に戻ることが出来るのか。そして菱子と夫の関係はどうなるのか。

 

出典:Wikipedia

 

「夫のカノジョ」で川口春奈さんは菱子の夫・麦太郎の部下で派遣社員の山岸星見を演じ、菱子と入れ替わってしまったことで、家族やママ友との間でトラブルを起こす様子が描かれました。

 

非現実的なストーリーではありますが、面白くもなりえそうなドラマですが…

 

川口春奈の打ち切りドラマ「夫のカノジョ」の視聴率は何パーセント?

 

川口春奈さんが出演したドラマ「夫のカノジョ」は視聴率最低で打ち切りとなりましたが、視聴率は何パーセントだったのでしょうか?

 

川口春奈さんの打ち切りドラマ「夫のカノジョ」の平均視聴率は3.8%。

 

「夫のカノジョ」の視聴率は1話、2話は4%台、3話以降は3%台に低迷し、4話は2000年代以降にテレビ東京系を除いたプライムタイム(19~23時)に放送された連続ドラマの最低視聴率と並ぶ平均視聴率3.1%を記録。

 

5話ではそれをさらに0.1%下回り、3.0%と低視聴率にあえいでいました。

 

この視聴率最低騒動の結果「夫のカノジョ」は8話で終了し、打ち切りではないかという憶測が飛び交いました。

 

TBS側は当初は予定通りの終了としていましたが、2013年11月27日に行ったTBSテレビの定例記者会見で一転して打ち切りを認め、当初予定の9話放送から1話減らしての打ち切りだったことを認めました。

 

「夫のカノジョ」が視聴率最低で打ち切りドラマとなったのは、不運にも高視聴率ドラマの代名詞「ドクターX」と放送時間が重なってしまったことも大きいと言われていますが、主演だったことで川口春奈さんが「低視聴率女王」と言われることになってしまいました。

 

これによって川口春奈さんは「視聴率恐怖症」になり、所属事務所からはネット閲覧禁止令を出されたと言われています。

 

川口春奈の低視聴率女王説に対する世間の声は?

 

主演したドラマ「夫のカノジョ」が視聴率最低を更新し、打ち切りドラマとなったことで、「低視聴率女王」というレッテルを貼られてしまった川口春奈さん。

 

今回、大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカ容疑者の代役に抜擢されたことで、川口春奈さんの低視聴率女王騒動を思い出した方も多いようですので、リアクションを調査しました。

 

 

 

 

 

川口春奈さん、めっちゃ応援されていますね!

 

大河ドラマ「麒麟がくる」への抜擢で、今までの低視聴率女王の汚名を返上しろとばかりに応援されています。

 

時代劇初挑戦ということで、最初は「所作が…」「演技力が…」という批判も出るかもしれませんが、川口春奈さんには応援団もたくさんいるようですので、皆さんがおっしゃるように、これをチャンスに変えて、低視聴率女王なんて言わせないようにしてほしいですね。

 

まとめ

 

沢尻エリカ容疑者の代役として、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶(濃姫)役を演じることが発表された川口春奈さんの視聴率最低で打ち切りになったドラマを調査するとともに、川口春奈さんの低視聴率女王説に対する世間の声をご紹介しました。

 

川口春奈さんが出演し、視聴率最低を更新したドラマは「夫のカノジョ」(2013年)で、平均視聴率は3.8%。

 

4話は2000年代以降にテレビ東京系を除いたプライムタイム(19~23時)に放送された連続ドラマの最低視聴率と並ぶ平均視聴率3.1%を記録し、当初予定の9話から1話減って、8話で打ち切りとなりました。

 

川口春奈さんの大河ドラマ「麒麟がくる」への抜擢で、川口さんの低視聴率女王説を思い出した方も多いようですが、今までの低視聴率女王の汚名を返上しろとばかりに応援されていますので、川口春奈さんにはぜひ「麒麟がくる」で活躍してほしいですね!

 

沢尻エリカ容疑者の関連記事をまとめました。

損害賠償金の支払い、代役の川口春奈さんの低視聴率女王伝説など、ぜひご覧くださいね。

沢尻エリカまとめ

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 今日の気になる! , 2019 All Rights Reserved.