【まんぷく】第136回 大介のキャラにツボり始めた

2019/03/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

新商品のカップ麺「まんぷくヌードル」の開発に苦戦し、

社長の萬平(長谷川博己)、

神部(瀬戸康史)を筆頭とする新商品開発チーム、

営業部長の岡(中尾明慶)、

製造部長の森本(毎熊克哉)までもが揃って休日出勤。

 

神部の妻・タカ(岸井ゆきの)と

その妹で岡の妻・吉乃(深川麻衣)は不満を漏らします。

 

そんな母たちを横目に、タカの息子・大介(川口調)は

「今は勝負のときやからな。

 まんぷく食品の命運がかかってる言うてん」

と超大人びた発言(笑)

 

これには叔母の吉乃も

「大ちゃんはほんまは40歳なんちゃうん?」と仰天。

(実年齢は11歳w)

 

普段は学校で問題行動が多く、

「私も茂さんも大阪大学を出てるのに、なんで大介はこうなの!?」と

タカの頭を悩ませる大介ですが、

 

大介の祖母・克子(松下奈緒)は、

「只者やないわ。もしかしたら天才かも」と一言。

私も克子に賛成(笑)

 

新商品のカップに使おうとしている

発泡スチロールの刺激臭問題をクリアできず、

家でも溜め息をついてばかりの神部にタカがダメ出しすると、

 

「発泡スチロールの臭いは厄介やで。 

 そりゃ頭、痛なるわ」

と、またまた大介が大人びた発言。

 

終盤になって出てきた大ちゃん。

おばちゃん(私)も大ちゃんの天才性に期待しとるで(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 今日の気になる! , 2019 All Rights Reserved.