【まんぷく】第140回 ザ・内助の功

2019/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

まんぷく」を見ていると、

内助の功という言葉は福子(安藤サクラ)のためにあるのかなと

思うことがあります。

 

新商品のカップ麺「まんぷくヌードル」の具材に

源(西村元貴)が提案したスクランブルエッグの採用が決定。

 

でも萬平(長谷川博巳)は、あと2-3種類は必要だと主張。

自ら、まんぷくヌードル用の肉を開発すると言います。

 

開発用に買い込んだ食材を持って帰宅した萬平に、

姑の鈴(松坂慶子)は

「社長室にキッチンはあるでしょ!」と反発しますが、

 

萬平は「家の方が調味料もあるし、福子がいるから色々仕事がはかどる」と

意に介さない様子。

 

萬平の言葉に喜びだだ漏れの福子は、

めちゃくちゃ張り切って、萬平の肉作りを手伝います。

 

「萬平さんのお手伝いをしているときが一番楽しいんです、私」

 

「萬平さんは自分の作りたいものを

 一生懸命作ってくれればいいんです」

 

やりたい放題で、内助の功の要素が1ミリもないというか、

むしろ、我が家の内助の功は夫なのではないかという私からしたら、

「福ちゃんはやりたいことないの?」と聞きたくなってしまいますが、

特に無理はしていない様子。

 

本当に萬平さんのことを信じていて、

彼が活躍するのが嬉しくて、それを支えるのが幸せなんですね。

そういう幸せの形もあるのか。

 

うーん、でもやっぱり私にはできそうにない(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 今日の気になる! , 2019 All Rights Reserved.