【まんぷく】第141回 鈴さん、今度は仮病じゃないの!?

2019/03/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

福子(安藤サクラ)の母・鈴(松坂慶子)が腹痛を訴えて入院。

 

これを見た瞬間、

私は福子の亡き姉・咲(内田有紀)の結婚前に、

結婚を妨害するために、鈴が仮病で腹痛になったことを思い出しました。

 

福子のもう一人の姉・克子(松下奈緒)も

同じことを思い出した様子。

 

でも今度は仮病じゃなくて、本当の病気みたい。

鈴さんは80歳。

 

そして朝ドラの主人公の母親は途中で亡くなることも多い。

(主人公も年齢を重ねるしね)

 

「私は武士の娘ですよ!」が口癖の強い(振りをする)鈴さんは、

異例の最終回まで長生きか!?と途中から予想していましたが、

どうなっちゃうのでしょう。

 

病院で鈴に付き添っている福子の夢に咲が現れ、

「もし治らなくても、私がいるから心配しないで。

 こっちの世界も楽しいんだから」

と、何やら不吉な発言。

 

強烈なキャラでドラマを盛り上げてきた鈴さん、

ここまで来たら、最後まで生ききってほしいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 今日の気になる! , 2019 All Rights Reserved.