MAXレイナの劣化がひどい!?現在の画像から比較!旦那や子供が理由?

2019/07/26
 
MAX REINA レイナ 劣化 ひどい 現在 画像 比較 旦那 子供
この記事を書いている人 - WRITER -

4人組ダンスボーカルグループ「MAX」のREINA(レイナ)さん。

休養に入っていたレイナさんが復帰後、4人揃っての9年ぶりのシングル「パルテノン」が今年6月に発売されたことで話題になりましたが「劣化がひどい」という辛辣な意見もちらほら……

現在と過去の画像を比較しながら、なぜ劣化したと言われるようになってしまったのか、旦那や子供はいるのかなど、私生活の状況も調べてみました。


REINA(レイナ)プロフィール

  • 本名(旧姓):宮内 玲奈 (みやうち れいな)
  • 生年月日:1978年1月6日(41歳)
  • 出身地:沖縄県那覇市
  • 身長:157cm
  • 血液型:AB型

若い皆さんにとっては、レイナさん以前に「MAXって誰?」状態だと思いますが、30-40代にとっては、めっちゃ懐かしい存在。

なぜならMAXは元々”安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S(スーパーモンキーズ)”のグループ内ユニットで、安室ちゃんのバックダンサー的存在だったのです。

レイナさんは1994年にSUPER MONKEY’Sに加入。

実はレイナさん、安室ちゃんと同じ中学校に通う同級生だったそうです。

MAXとしては1995年に活動を開始し、1996年に発売した3rdシングル「TORA TORA TORA」がヒットしてブレイク。

1997年には6thシングル「Give me a Shake」が発売され、オリコンシングルチャートにて初登場1位を獲得し、紅白歌合戦にも5回出場しましたが、その後、人気は低迷。

レイナさんは2011年に芸能界を離れます。

そして、2019年6月に行われた新曲「パルテノン」の発売イベントの様子がこちら。

冒頭で一番右側にいるのがレイナさんです。

私としては、劣化云々の前に、MAXの曲のテーストが90年代から変わっていないことに驚きましたが……

「レイナの劣化がひどい」と指摘する声も

2017年5月に芸能活動に復帰し、新曲「パルテノン」の発売イベントで、久しぶりに歌とダンスを披露したレイナさんですが、ネット上ではレイナさんの劣化がひどいと指摘する声も見受けられます。

うーん、劣化してますかね?

40代になっても、とてもスリムですし、ダンスはキレキレでしたが……

レイナの現在の画像から比較!

2017年に芸能界に復帰したときの画像がこちら。

一番左側がレイナさんですね。

細い!!

そして2019年6月の画像がこちら。

左から2番目がレイナさんですね。

確かに右側のNANAさん、LINAさんが特にきれいなので、それと比較してしまうと、ちょっと…という感じでしょうか?

ということで、過去に遡ってみると、1995年に安室ちゃんが「TRY ME 〜私を信じて〜」をリリースしたときの画像がありました。

右下の画像で、安室ちゃんの右側にいるのがレイナさんですね。

こちらが1997年のライブ。

27-28秒あたりでレイナさんにズームされます。

ネットで「美を保つには人前に出た方がいい」と指摘されたレイナさんですが、それもそのはず。

6年半もの間、家庭に入っていたんですね。

旦那と子供がレイナの劣化の原因!?

レイナさんは2011年5月16日に一般男性と入籍しています。

旦那さんが一般人ということで、氏名、職業といった個人情報は公開されていません。

同年11月に第1子長男が誕生しているので、できちゃった結婚だったんですね。

そして2013年2月17日には、第2子女児出産を発表

上のお子さんとは、わずか1歳3ヶ月差です。

さらに、2015年2月22日に第3子次男出産を発表

わずか3年ちょっとの間に3人も出産されていたんですね!

出産に次ぐ出産と子育てで、芸能活動どころではなかったわけです。

ということは、現在は7歳の男の子、6歳の女の子、4歳の男の子のママなんですね。

まさに肝っ玉母ちゃん!!

「Give me a Shake」を中学時代に熱唱していた私としては、レイナさんが肝っ玉母ちゃんになられていたことに、ある意味、感慨深い気持ちになりますが、30-40代の皆さん、いかがですか?

まとめ

ということで、レイナさんが劣化したと指摘される原因があるとしたら、3人のお子さんの出産と子育て&それにより、6年半もの間、芸能界から離れていたことではないかと思われます。

MAXのメンバー全員が40代になったそうで、時の流れを感じずにはいられませんが(MAXが活躍していた頃、小学生だった私が30代半ばになったので当然ですが)「還暦MAX」を目指すそうですので、せっかくならあと20年間、頑張って活動していただきたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 今日の気になる! , 2019 All Rights Reserved.