【なつぞら】第17回 泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の深まる対立

 
なつぞら 広瀬すず 柄本佑
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日の放送で演劇部の倉田先生(柄本佑)から

演劇に参加するように言われたなつ(広瀬すず)。

 

演劇には全く乗り気ではなかったなつですが、

演劇で泰樹(草刈正雄)の問題を扱い、なつが演じることで、

泰樹のためにもなると言われ、倉田先生と一緒に農協を訪れます。

スポンサーリンク

なつが組合長の田辺に疑問をぶつける

取材に訪れたなつと倉田先生に

剛男(藤木直人)と組合長の田辺(宇梶剛士)が対応。

 

なつは田辺に「組合はじいちゃんに手を焼いてるんですか?」

どストレートな質問をし、田辺を驚かせます。

 

農協側の主張はこう。

 

  • 乳業メーカーが増えて、酪農家の囲い込みが激しくなり、
    牛乳の価格の決め方が問題になってきた。

  • 牛乳の価格は脂肪分の割合で決まるが、
    その脂肪検査を乳業メーカーが行っており、
    検査内容は酪農家にも分からず、不信感につながっているので、
    農協が検査を一手に引き受けて、牛乳を卸そうと考えている。

  • 乳業メーカーは牛乳の量を確保したいので、
    柴田牧場のように大手の牧場を待遇を良くするはずだ。
    逆に小さな牧場がないがしろにされないように、
    農協が間に入って、酪農家が一致団結する必要がある。

 

そして田辺は最後にこう言います。

「柴田牧場は十勝一の牧場かもしれない。

 しかし私はね、この十勝全体を全国一の酪農王国にしたいんだ

 

柴田家の前に怪しげな黒い車が……

農協からの帰り道、なつは剛男に

「農協の考え方は正しいと思う」と伝えます。

 

二人が帰宅すると、柴田家の前に何やら怪しげな黒い車が……

 

家の中では、スーツを着た男性が富士子(松嶋菜々子)に

封筒を差し出しています。

 

あら、さっき農協で話題になったことが

目の前で繰り広げられてますよ(笑)

 

「こういうことは困ります。うちの人は農協に勤めてますから」

と遠慮する富士子に、

「これは長いことお付き合いいただいている柴田さんへの

 ほんの感謝の印です」と封筒を押し付ける男性。

 

「奥様封筒」という名の賄賂

「それは“奥様封筒”と呼ばれるものですね。

 そういう付き合い方はもう古いんじゃないですか?」

 

剛男となつがそばに立っています。

なつぞら 藤木直人 広瀬すず

すると今度は泰樹が「もらっとけ」と言って入ってきます。

 

あ、受け取るんだ?

泰樹はそういうのは嫌がるかと思っていました。

 

「人との付き合いに古いも新しいもあるか」と言う泰樹に、

「お金をもらう理由はないでしょう!」と珍しく強い口調で反論する剛男。

 

「それを受け取ったからって、わしゃなんも変わらん。

 これはこの牧場への評価だと思ってる」

 

「この金で富士子が少しでも助かるなら、わしゃ喜んで受け取る。

 開拓の苦労を思えば、綺麗事だけで家族を守れるか!」と泰樹。

 

「汚いことはやめましょうよ!」と剛男が言うと、

泰樹は怒って奥に入っていってしまいます。

 

悠吉と菊介は農協に好意的

なつは悠吉(小林隆)と菊介(音尾琢真)にこの問題を相談。

悠吉たちは農家は価格交渉が苦手で、メーカーの言いなりになりがちなので、

農協が間に入ることで、助かる農家は多いと言います。

 

「この牧場はおやっさんそのものなんだべ。

 だから、そう簡単には道を曲げられねぇんだわ」

悠吉が泰樹の気持ちを代弁します。

 

泰樹のやせ我慢

その日の夜、泰樹は食欲がないことを理由に夕食を辞退。

家族と同席するのが気まずいんでしょうね。

 

自室で一人お饅頭を食べる泰樹。

ほら、やっぱりお腹空いてるんじゃん(笑)

甘党だから、部屋にお饅頭を置いておいたのかしら?

 

「お茶が欲しい……」とつぶやきながら、

お饅頭を食べる切ない泰樹の後ろ姿。

 

でも夕見子は「じいちゃんがこれで変わるとは思えない」と予想。

確かに泰樹は伊達に頑固じいさんじゃないからね!

 

さぁ明日は土曜日。

今週はどんな形で決着するのでしょうか?


朝ドラランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なつぞら時々いだてん , 2019 All Rights Reserved.