【なつぞら】第20回 なつ(広瀬すず)自分のために演劇をやることを決意

 
なつぞら 広瀬すず
この記事を書いている人 - WRITER -

いよいよなつ(広瀬すず)が出演する演劇の台本が完成。

その名も「白蛇伝説」。

内容、想像つきません(笑)

スポンサーリンク

天陽に舞台美術をオファー

演劇部の顧問・倉田先生(柄本佑)は、

今回の舞台美術(背景の絵)を雪月で見た絵のイメージにしたいと言います。

 

そういえば、第16回で倉田先生が雪月を訪ねたときに、

この絵をじっくり見ていましたね。

雪次郎(山田裕貴)はこの絵は天陽(吉沢亮)が描いたものだと言い、

なつは学校帰りに天陽に舞台美術を描いてほしいとオファーしに行きます。

 

天陽の母・タミ(小林綾子)の賛成もあり、

天陽はオファーを引き受けることに。

 

天陽の家の牛乳が買い叩かれている!?

そこへ天陽の父・正治(戸次重幸)がやってきて、

なつに搾りたての牛乳を飲み、

柴田牧場の牛乳とどう違うか見てほしいと言います。

 

牛乳を飲み、おいしいし、

柴田牧場の牛乳とそんなに変わらないと思うと答えるなつ。

 

正治は自分たちの牛乳は

乳業メーカーから乳脂肪が低いと言われていると言い、

 

天陽もどこの乳業メーカーに持っていっても、

格付けが低く、安く引き取られると明かします。

 

どこかで聞いたことのあるような話……

そう、第17回で農協の組合長・田辺(宇梶剛士)が心配していた事態です。

 

またまた農協問題の火種がくすぶる

なつが帰宅すると、柴田家は夕食中。

 

なつは天陽の家の牛乳問題を持ち出します。

「それは仕方ない。

(柴田牧場の干し草を分けているからといって)

 すぐにいい乳が出るわけじゃない。

 努力すれば、そのうち良くなる」と泰樹(草刈正雄)。

 

なつは食い下がります。

「だけど、もし(乳業メーカーの)脂肪検査が間違ってたら?」

 

なつ、ぶっ込みましたね!!

たちまち不穏な空気が流れ始めます。

なつぞら 藤木直人

その重ーい空気に耐えかねた剛男(藤木直人)が

農協職員である自分が見に行くと言います。

 

「今は一軒一軒、小さな農家を助けていくしかないからな。

 みんなが団結するまで」と剛男。

 

あれ、泰樹にトゲ刺してます?(笑)

それに呼応するかのように、泰樹は「ごちそうさん」と立ち上がります。

 

自分のために演劇をやることにしたなつ

寝室でなつが雪次郎から半ば強引に貸された

「俳優修業」の本を読んでいる夕見子(福地桃子)。

なつぞら 福地桃子

夕見子がなつに「随分その気になってんだ」と言うと、

なつは「私が演劇をやるのは、あくまでじいちゃんのためなんだから」

と反論。

 

「あんたのそういうところ、ほんとつまんない。

 やるなら自分のためにやんなよ」と夕見子。

 

夕見子に

「やりたいんでしょ? それともほんとはやりたくないのかい?」

と問い詰められ、

「いや、今はやってみたいかも」と答えるなつ。

 

「だったらそれを認めて自分のためにやんなよ。

 じいちゃんのためとか言ってごまかしてないでさ。

 それなら私も応援する。してやる。頑張れよ」

 

夕見子ったら、いい子。

第15回に続いて、夕見子の優しいファインプレーが出ました。

 

なつは自分のために演劇をやると決め、

夜な夜な演劇の衣装を描いて朝を迎えるのでした。


朝ドラランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なつぞら時々いだてん , 2019 All Rights Reserved.