【なつぞら】第21回 天陽(吉沢亮)に闘志を燃やす門倉(板橋駿谷)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

なつ(広瀬すず)が出演する演劇「白蛇伝説」の台本も出来上がり、

いよいよ芝居の稽古が始まりました。

スポンサーリンク

門倉、天陽にライバル意識!?

演劇の背景の絵を描くことになった天陽(吉沢亮)は

なつ、雪次郎(山田裕貴)と演劇部の部室にやってきて、

顧問の倉田先生(柄本佑)に挨拶。

なつぞら 吉沢亮

倉田先生が天陽を大道具係に紹介していると、

その様子を険しい表情で見つめる人が……

そう、勝農(十勝農業高校)の番長・門倉くん(板橋駿谷)!

今週から登場した新キャラにも関わらず、

存在感発揮しまくりです。

 

「あれなら俺の勝ちだな」と呟く門倉。

「えっ、何に勝ったんですか?」と良子(富田望生)が聞くと、

「男らしさよ」と門倉。

 

良子が顔をヒクヒクさせながら

「男らしいのといい男なのは別ですからね」と言うと、

「男らしい方がいいべよ」と揺るがない門倉。

 

すると、良子が急に色目を使って「私はね」と一言。

なつぞら 板橋駿谷

ギョッとして良子を見る門倉と女の表情で門倉を見つめる良子。

門倉は「おめーに聞いてねー」と吐き捨て、足早に立ち去ります(笑)

 

倉田先生がなつに強烈なダメ出し

いよいよ芝居の練習です。

熱のこもった演技をする男子たちとは違い、

覚えたセリフを言うのに必死で、棒読みになりがちななつ。

 

すると、倉田先生は「ダメだ!」と、なつのセリフを中断。

「奥原、お前何考えてんだ! ちゃんとやれ!」と怒鳴ります。

 

なつは何度も芝居をやり直しますが、倉田先生はダメ出しを連発。

 

なつは「分かりません。どうしたらいいんですか?」と言い返しますが、

「どうしたらいいのか、俺にも分からん。

 だが、お前がダメなのは分かる。自分で考えろ」と倉田先生。

 

怒ったなつが「当たり前じゃないですか! 私は下手なんです」と言うと、

「何言ってんだ。下手というのは、何かをやろうとしてできない奴のことだ。

 お前は何もやろうとしていない。下手以下だ」と

倉田先生から痛烈なダメ出しを受けてしまいます。

なつぞら 広瀬すず

帰宅し、夕食を食べずに自室で悔し涙を流すなつ。

 

天陽がなつを守る!?

翌日、なつはまた同じシーンの芝居をしますが、

「ダメだ! お前のセリフには魂が見えてこないんだ!

 もっとちゃんと気持ちを作れ!」

と相変わらず手厳しい倉田先生。

 

すると

「魂なんて、どこに見えるんですか? 魂なんて作れませんよ」という声が。

 

驚いた倉田先生や部員たちは声の方を振り向きます。

そこにいたのは、練習を見ていた天陽。

部室に緊張感が走ります。

 

明日は天陽 VS 倉田先生になってしまうのでしょうか?


朝ドラランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なつぞら時々いだてん , 2019 All Rights Reserved.