【なつぞら】第5回 富士子(松嶋菜々子)の言葉に涙

 
なつぞら
この記事を書いている人 - WRITER -

なつぞら」第5回の記事をもうひとつ。

15分の中にもいろいろなエピソードが詰まっていますね。

今週から始まったばかりだというのによく泣かせてくれます。

スポンサーリンク

兄からの手紙を心待ちにするなつ

なつ(粟野咲莉)が学校から夕見子(荒川梨杏)と帰宅すると、

家に郵便屋さんが来ています。

 

思わず駆け寄り、富士子(松嶋菜々子)に

自分宛ての手紙が届いていないかと尋ねるなつ。

 

東京の孤児院にいる兄からの手紙を待っていたんですね。

届いていないと知ると、残念そうに目を伏せます。

 

なつは立ち去った郵便屋さんを追いかけ、

どうやったら手紙を出せるのかと聞きます。

郵便料金を尋ねるのも忘れません。

 

富士子の言葉になつも涙

なつが暗い表情で家に戻ると、富士子が待っています。

なつが兄からの手紙を待っていたと感づき、

兄に手紙を出さないのかと聞く富士子。

 

なつは改まった様子で、

「おばさん、お願いします。

 手紙を出す10銭、貸してもらえませんか?」と言います。

 

学校に通わずに牧場で働きたいと申し出たときと同様、

居候という自分の立場をわきまえすぎているなつに、

心を痛める富士子。

 

富士子はなつの前に屈み、

「東京にいるお兄さんだって、親戚の家にいる妹さんだって、

 なっちゃんにとっては大事な家族でしょ。

 そういう気持ちを隠す必要はないの」

 

「いくらでも手紙を出しなさい。書きなさい。

 謝らないで。お金のことなんて気にしないで」と懸命に伝えます。

 

そんな富士子の温かさに触れ、なつは涙を流します。

昨日の第4回でも泰樹(草刈正雄)の言葉に涙したなつ。

 

遠慮がちななつは、次第に柴田家の一員として溶け込んでいくのでしょうか。

柴田家のみんなの優しさに毎日ホッコリさせてもらっています^^


ドラマランキング


朝ドラランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なつぞら時々いだてん , 2019 All Rights Reserved.